<< IT機器の福祉的活用講座 | main | 鍵の閉め忘れを目で確認できる『checKEY』 >>

重度肢体不自由・重複障害のある子どものためのICT活動体験プログラム 参加者募集


DO-IT Japan(http://doit-japan.org/programA.html)は困難に直面した子ども
たちがテクノロジーを用いて最大限にその 可能性を発揮できるように2007年よ
り高等教育機関進学に焦点を当てて支援を行って来ました。2012年度より、新た
に、障害が重度な子ども達 の意思表出や能動的活動を支援するプログラムを開
始します。

このプログラムでは、重度の肢体不自由があるために意思表出や活動に制限のあ
る子ども達をキッザニア東京に招待し、東京大学と日本マイクロソフト (株)
が開発したゲーム用カメラを用いた動き検出技術を用いて、キッザニア東京の中
でその技術を活かしたアクティビティを体験してもらいます。保 護者の皆様へ
の専門家によるセミナー、兄弟児のキッザニア職業体験も含んでいます。ぜひご
家族でご応募下さい。

*なおこのプログラムはキッザニア東京サイエンスフェアの一環として実施され
ます。


●主催:東京大学先端科学技術研究センター DO-IT Japan
共催:KCJ Group(株)キッザニア東京・日本マイクロソフト(株)
後援:文部科学省、厚生労働省

●日時:2012年10月5日(金)−7日(日)
 キッザニアのプログラムは第1部(9時〜15時)、第2部(16時〜21時)に分か
れています。希望日と第1部か第2部かを選択して頂きます。

●場所:キッザニア東京(東京都江東区豊洲2‐4−9 アーバンドック ららぽー
と豊州3F)

●募集定員:3歳から15歳までの肢体不自由のある子ども30名程度(応募書類によ
り選考させていただきます)

●参加費:無料。対象児も含め家族4人までキッザニア東京にご招待いたします。
ただし現地までの交通費・宿泊費はご負担下さい。

●プログラム
・キネクトを用いたアクティビティ体験
・専門家によるコミュニケーションやアクティビティに関する相談会
・兄弟児のためのキッザニア体験 

●問合せ先:東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野
 東京都目黒区駒場4‐6‐1(メール:info@doit-japan.org・電話:03−5452−5064)

●申し込み方法:
障害のある子どもさんの年齢、学校学年、障害状況・困っている点を800字程度
にまとめていただき、希望日、第1部か第2部か、保護者名、住所、 電話番号、
メールアドレス、参加希望者の名前と年齢)とともに、9月15日までに電子メー
ル(info@doit-japan.org)あるいは FAX(03−5452−5064)でお送り下さい。9
月20日までに選考結果をお知らせします。

at 00:13, 八木ちゃんICTサポート, お知らせ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.yagichan-ict.com/trackback/114